2012年08月24日

子供のケンカどころか、これではヤクザの抗争と同じだ

野田首相が韓国の李明博大統領に親書を送り、拒否された。

韓国の外交官がその親書を返そうと、霞ヶ関の外務省に来たところ、門前払い。韓国は簡易書留の郵送で返送するという。

くだらなすぎる。どっちもどっちだ。

山口壮外務副大臣は「子供のけんか以下」と語ったが、いやそれどころか、ヤクザの抗争と同じだ。

「相手が強く出たならば、こちらはもっと強く出なければいけない」

こうした付け焼き刃的な対応は、事態をさらにエスカレートさせるばかり。外交当局はそうした事態を回避するために存在するのに、真逆のことをやりつつある。そこには戦略もへったくれもない。

英語にenlightened self-interestという言葉がある。日本語では「開かれた国益」とか「啓蒙された国益」と訳されることが多い。短期的には一見、国益にはマイナスと思われることでも、長期的には国益にプラスになることは少なくない。短期的に相手国に譲る部分があっても、それがめぐりめぐって後に中長期的に利益となって戻ってくることがある。そして、国益には大局的に、より良いアジア地域や世界の実現が含まれなければならない。目先の利益を追うばかりに、一国の国益の基盤となる全体のものを壊しつつあったら、元も子もない。

今の日本と韓国はケンカの最中で、あまりにも近視眼的になり、そうした共通の利益を壊しつつある。共通の利益を生む大きな「絵」を描くことや、大きな「パイ」を作ることをすっかり置き去りにしてしまっている。

ここ一週間ばかり非常に悩んだ末に、海外メディアに、国籍とか民族を超えた、日本発の地域紛争防止のための英語の記事を書きたいと思い立って、PCに向かいあっている。一国主義をこえて、できるだけ「啓蒙された国益」を示したいと思っている。日本人だからとか、韓国人だからとかではなく、そうしたことを横断し、責任ある「地球人」として書きたいと思っている。ヒートアップする日中韓のニュースを日々、見聞きしながら、いろいろと悩みながら、書いている。それがめぐりめぐって、結果的に、日本のenlightened self-interestとなればいい。批判を恐れずに書きたい。
posted by Kosuke at 00:10| Comment(8) | 日韓関係