2012年08月21日

今秋の日中軍事交流は予定通り実施へ

ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーへの最新の拙稿です。

日中の軍事交流を主催する日本財団によると、尖閣問題がヒートアップする中でも、2010年秋に中止した場合と違って、今秋の日中軍事交流は予定通り実施するとのこと。確かにこういう時だからこそ、しっかりと軍人交流は行ってもらいたいもの。

民間主導でやってきた交流の強みを生かして、ぜひしっかりと毎年続けてほしい。

My latest piece in Jane's Defence Weekly
(Behind a paywall)

Japanese, Chinese military exchange set to go ahead despite Senkaku/Diaoyu island row

A military exchange between the Japan Self-Defense Forces (JSDF) and China's People's Liberation Army (PLA) will go ahead this autumn despite escalating tensions over disputed islands in the East China Sea, according to the programme's organiser. "We won't cancel the military exchange," a spokesman...

Defence Weekly
20 Aug 2012

2012年08月09日

オスプレイの軽度の事故率は高い

オスプレイの過去の事故に関して、米海兵隊はこれまで、事故率の低いクラスAのデータばかり公開し、アピールしてきたが、クラスBやクラスCのデータを入手した。そして、ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーに6日付で書いた。軽度の事故を含めると、他軍用機に比べ、オスプレイの全体の事故率は高い。(NHKが8日、同様のニュースを報じていたので、その日本語記事をこのブログ記事の最後に添付しておきました。)

USMC safety data: Osprey has higher rate of 'minor' mishaps
  
オスプレイの「安全神話」を信じてきた人にとってはショックかもしれない。

オスプレイは1機当たり1億ドル(=79億円)以上のコストがかかり、それが取って代わる老朽化したCH-46Eシーナイト輸送ヘリコプターよりも5倍以上の「金食い虫」となっている。オスプレイに使われている部品は、アメリカの40州にまたがる2000社から供給を受けており、アメリカの国会議員も選挙区民の雇用を考え、なかなかオスプレイに関する予算を削れずにいる。つまり、オスプレイは、アメリカの軍産複合体の真っただ中にある輸送機と言える。予算がずっと付いて作り続けている以上、多少の危険度があろうが、オスプレイを使わざるを得ないといったアメリカ側の切羽詰まった事情がある。こうした点は、アメリカの議会でも問題になっているが、日本ではほとんど報道されていない。例えば、ほんの一例として、Quigley Calls V-22 Osprey 'Dangerous Pork With Wings' を見てみると、その議会での問題ぶりがわかる。

日本での配備が予定されている沖縄の普天間飛行場は、病院や学校、ショッピングセンターなどに囲まれ、9万人の市民が居住している。クラスAだろうが、クラスBだろうが、クラスCだろうが、事故の程度にかかわらず、たった一つの事故が沖縄の反基地デモを呼び起こし、日米同盟の根幹を揺るがす「引き金」になりかねない。少しでも想像力がある人なら、その最悪の事態がきっとわかるだろう。日米同盟の重要性を考えれば、配備に慎重に慎重を期する姿勢は間違った判断ではない。

USMC safety data: Osprey has higher rate of 'minor' mishaps

Kosuke Takahashi JDW Correspondent
Tokyo

Bell Boeing MV-22 Osprey tilt-rotor aircraft were involved in 40 mishaps between October 2001 and July 2012, according to US Marine Corps (USMC) statistics, with accident rates for less serious class B and C mishaps higher than the averages for the corps' other aviation assets.

The statistics complicate the Ospreys' controversial deployment to Okinawa Prefecture, which has been the subject of public protests in Japan as a result of fears over the aircraft's safety record. Twelve MV-22s arrived at Marine Corps Air Station (MCAS) Iwakuni in Yamaguchi Prefecture on 23 July ahead of their planned deployment to MCAS Futenma in Ginowan, Okinawa, in September. The aircraft are scheduled to begin operations there in October.

On 3 August US Secretary of Defense Leon Panetta defended the MV-22's record after meeting with Japanese Defense Minister Satoshi Morimoto in Washington, DC. "We have tremendous confidence in this plane," Panetta said. "We fly it in combat operations. We fly it around the world. We fly it here in this country. And we're tremendously confident that this plane can safely implement its operational mission."

The USMC data shows that MV-22 aircraft were involved in 1.93 class A mishaps per 100,000 flight hours from October 2001 to July 2012. Class A mishaps are defined as those leading to a fatality, permanent full disability or damage of USD2 million or more. The average number for the USMC aviation fleet is 2.45.

However, the MV-22's class B mishap rate was 2.85 compared to the fleet average of 2.07. A class B mishap is judged as involving permanent partial disability or damage costing USD500,000. The MV-22's class C mishap rate - involving a non-fatal injury or damage costing between USD50,000 and USD500,000 - was 10.46, more than twice the fleet average of 4.58.

According to the USMC figures, MV-22s have had four class A mishaps, nine class B mishaps and 27 class C mishaps, for a total of 40 mishaps since 2001. A USMC spokesman added that "18 of all mishaps happened while the aircraft was on the ground, [and] 30 of these mishaps took place on the ground or during landing and not while flying over populated areas or cities".

ospreytable.jpg


(NHK)米 オスプレイの軽度事故公表 8月8日 11時38分

最新型輸送機「オスプレイ」を巡って、アメリカ海兵隊は、比較的程度の軽い事故が起きる頻度が、海兵隊が使用する航空機の平均を上回っていることを示すデータを公表し、沖縄への配備に理解を得るため情報公開を進めていく姿勢を示しました。

アメリカ海兵隊は7日、沖縄への配備を計画している最新型輸送機、MV22・オスプレイが、2001年から2012年までの11年間に起こした事故のデータを公表しました。

それによりますと、この間に起きた事故は合わせて40件で、死者が出るなど最も深刻な「クラスA」が4件、乗員に部分的に後遺症が残るなどした「クラスB」が9件、軽いけが人が出るなどした「クラスC」が27件となっています。

また、10万時間の飛行で起きた「クラスB」の事故は2.85件で、海兵隊が使用する9つの機種の平均、2.07件を上回っているほか、「クラスC」は10.46件と、平均の4.58件の2倍以上の頻度となっています。

これまで日米両政府は「クラスA」の事故のデータだけを公表し、発生の頻度は1.93件で、海兵隊の平均、2.45件よりも低いとして、安全性を強調してきました。

今回、比較的程度の軽い事故の頻度が高いことをあえて公表したことについて、海兵隊の報道部は「できるかぎりの情報を公表し、透明性を高めることで、日本国内の不安の解消に努めたい」と話しており、海兵隊としては、情報公開を進める姿勢を示すことで、沖縄などの理解を得ていきたい考えです。