2014年03月06日

北朝鮮No.2崔竜海の粛清観測で、今、注目を浴びる11月末の金正恩「三池淵革命戦跡地」訪問の同行メンバー

choe.jpg

北朝鮮のナンバー2の崔竜海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長の粛清観測についてNK Newsに記事を書いた。

Was Kim’s aide Choe destined to follow Jang?
Choe Ryong Hae still missing, apparently excluded from leader’s new inner circle


金正恩と新たな側近グループ8人が昨年11月30日、金日成の抗日闘争が遂行されて「革命の戦地」となっている三池淵革命戦跡地を訪れた。

kim-jong-un-paekdu.jpg

金正恩は白頭山山ろくのこの場で、叔父の張成沢氏粛清の重大決断したと言われている。そして、その重大決定をした場に既に崔竜海の姿はなかった。。。この時から崔竜海が「外されていた」可能性がある。

この金正恩の「革命の戦地」三池淵革命戦跡地訪問に同行したのは金元弘・国家安全保衛部長、金養建・党統一戦線部長、韓光相・党第1副部長、朴泰成・党組織指導部副部長、黄炳瑞・党組織指導部副部長、金炳鎬・党宣伝扇動部副部長、ホン・ヨンチル・党機械工業部副部長、馬園春・党副部長の8人。金正恩の重大決断の場にいた彼ら8人が新たな金正恩のコア(中核)グループになっている可能性がある。

KJU-event.jpg

また、張成沢の粛清を決めた12月8日の党政治局拡大会議で金正恩とともに檀上に座っていた15人、つまり、(写真前列)朴道春、金己男、朴奉珠、金永南、金正恩、崔竜海、金元弘、崔泰福、金養建(写真後列)趙然俊、郭範基、金永日、金平海、文景徳、金京玉の15人のうち、金正恩と崔竜海を除く13人も、金正恩の側近グループになっているとみられる。

つまり、11月30日の三池淵革命戦跡地訪問に同行した8人と、12月8日の党政治局拡大会議出席の11人(三池淵革命戦跡地も訪問したダブりの金元弘と金養建を除く)を合わせた19人が金正恩の側近グループで、来年10月の朝鮮労働党創建70周年まで、当面、金正恩を支えていくコアグループになっていくとみられる。また、来年10月には1980年以来、35年ぶりに朝鮮労働党の党大会(第7回)を開くものと予想される。
posted by Kosuke at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | NK News
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89064282

この記事へのトラックバック