2017年07月20日

東洋経済オンラインへの最新の拙稿です。

buksae1-sg.jpg


東洋経済オンラインへの拙稿です。なぜか日本の酒やヤマハの楽器が平壌の店で売られている。日本政府は国連制裁決議に基づき、酒や楽器を奢侈品(ぜいたく品)と定め、北朝鮮への輸出禁止の対象としているのだが。。。いったい現場で何が起きているのか。

経済産業省によると、シンガポールで一般に売られているものを買い付けて、平壌で販売するという業態は、残念ながら日本の外為法の射程外になってしまう。しかし、シンガポール当局には安保理制裁の履行責任がある。

このOCN(北朝鮮の事実上のフロント企業)というシンガポールの貿易会社は、金融や海運業にも手を広げていました。


yamaha-pothonggang-ryugyong.jpg
posted by Kosuke at 15:01| Comment(0) | 東洋経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]