2014年05月10日

複数の伊メディアの取材を受け、コメントが掲載されました

ITALIA-GIAPPONE-MADE-IN-ITALY.jpg

複数のイタリアメディアの取材を受け、コメントが掲載されました。正直、僕も自分の取材に忙しい中、こうしたインタビューを受けてもメリットがあまりないのですが、日本は海外向けに発信する人がまだまだ少ないので、少し無理をしてでも取材を受けるようにしています。僕も普段、たくさんの方にお忙しい中に取材を受けてもらって、記事を書いているので、広い意味でgive & takeでもありますし。わーい(嬉しい顔)いずれにせよ、「日本からアジアへ、アジアから世界へ」をモットーに海外発信を続けていきたいと思っています。

その取材を受けたイタリアメディアの一つ目は、Airpressというイタリアの雑誌。最近の東アジア情勢についてインタビューを受けました。

Airpressのエディターが送ってくれたこのPDFファイルの17ページに僕のコメントが写真付きで載っています。イタリア語は読めないのですが、英語で以下のように答えたため、そのようなコメントが引用されたものと思っています。

Japanese policymakers, including Prime Minister Shinzo Abe, are strengthening a sense of urgency. That is, China will soon fill the power vacuum in East Asia caused by a gradual decline of US military superiority in the Asia-Pacific region. This is the number one reason why the Abe administration is in a rush to accelerate Japan’s military buildup.

The US Obama administration seems to have mixed feeling about Japan's military buildup. It wants Tokyo to assume a greater role in US-Japan security cooperation. But at the same time the US does not want to see Tokyo causing needless friction with China and South Korea over the region's security and modern history issues.

In such a sensitive situation, Prime Minister Abe plans to complete revisions of the US-Japan defense co-operation guidelines by the end of this year.

二つ目は、Panoramaというイタリアのメディア。安倍首相の訪欧前半について、コメントを求められました。英語で以下のように答えました。

Panoramaのエディターが掲載記事を送ってくれました。

It seems to me that Prime Minister Abe originally aimed at dispelling European nations' doubts about his nationalistic historical revisionism by visiting tombs of unknown soldiers in the UK and France, or two major victorious nations of World War II. But European newspapers have seldom reported about his visits to those tombs. So it’s hard to say that he accomplished his initial aim.

また、先日、シンガポールの名門紙、ザ・ストレーツタイムズに載った記事のPDFも送ってもらいました。サーバーにuploadしたので、以下にリンクを張っておきます。

Japan frustrated with US' China policy


では皆様、良い週末をお過ごしください。



posted by Kosuke at 04:00| Comment(0) | イタリアメディア