2014年02月23日

ザ・ディプロマットに寄稿した安倍首相の国家戦略についての拙稿が海外勢によく読まれています

thediplomat_2014-02-13_07-41-17-386x261.jpg

The Diplomat に先日寄稿した安倍首相の国家戦略についての拙稿が海外勢にとてもよく読まれています。Facebookの「いいね」とtweetの合計がすでに1100を超えました。記事の下にあるコメント欄にも、きょう2月23日時点で114件ものコメントが寄せられています。

Shinzo Abe’s Nationalist Strategy

1月にNK Newsに書いた故金正日の元専属料理人、藤本健二さんへのインタビュー記事(Part 1Part 2)も反響が大きかったのですが、それを優に超えました。

これだけ読まれ、反響が多いことは、記者冥利に尽きます。ありがとうございます。^^


41bYCzIMGXL__SL500_AA300_.jpg


posted by Kosuke at 19:33| Comment(0) | ザ・ディプロマット

米国の対日本プルトニウム返還要求についてジェーンズに記事を書きました

pic_04_02.jpg


冷戦時代に米国が研究目的で日本に供与した高純度のプルトニウム239(兵器級)の331キロについて、米国と返還交渉をしていることを日本の外務省等が認めました。濃縮ウランは1990年代後半に既に米国に返還済み。ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーに記事を書きました。

Japan discusses return of US plutonium

Kosuke Takahashi, Tokyo - IHS Jane's Defence Weekly

19 February 2014

The Japanese Ministry of Foreign Affairs has confirmed that Japan is in talks with the United States over the return of 331 kg of weapons-grade plutonium supplied to Tokyo for research purposes during the Cold War era.

The negotiations are getting under way as the administration of US President Barack Obama aims to strengthen global nuclear security to reduce the danger of nuclear terrorism, a foreign ministry spokesman told IHS Jane's on 18 February.

"Japan itself is also placing importance on security of nuclear materials," said the spokesman. "To contribute to the strengthening of international nuclear security, we are co-operating with US efforts."

Client log in to read more

(103 of 529 words)

横田めぐみさんのご両親にインタビューしました

yokotasan2.jpg

1977年11月15日のあの日、新潟市立中学校の一年生だった横田めぐみさん(当時13歳)は帰宅途中にたまたま道端で北朝鮮の工作員と遭遇し、拉致された。あの日の出来事がなければ、日銀のエリート職員でもあったご両親の滋さん(81)と早紀江さん(78)は幸せな家庭生活を過ごせただろうに。。。

国連の対北朝鮮報告書を受け、横田さんご夫妻に単独インタビューをし、NK Newsに記事が載りました。海外メディアが日本の拉致問題についてそれほど関心を寄せていない中、NK Newsが横田めぐみさんのご両親のインタビュー記事の掲載を決断してくれたことに心より感謝しています。

Megumi Yokota’s parents urge North Korea to settle abduction issue

kos1270409.gif

yokotamegumi-3_l.jpg

国連の報告書の中では、昨年8月に東京で開催された、北朝鮮の人権に関する国連調査委員会の公聴会での母親の早紀江さんの発言が紹介されています。

「初めて成長した(めぐみの)写真を見た(とき)涙が出ました。(拉致以来)初めて、写真で娘を見たのです。本当に悲しかった。それまでの20年間、あらゆる所を探しました。そして、今、平壌にいるのです。とても胸が苦しかったです。やっと娘を見つけたのに、まだ助けることができずにいます。娘にごめんなさいと言いました。そして、まだ彼女を助けてあげられずにいることに対し、涙を流しました。」

Yokota Sakie, whose anguish over her daughter’s disappearance drove her to convert to Christianity in the late-’70s, testified before a UN special commission on the abduction issue at the Tokyo Public Hearing in August 2013:

“(When) I saw the photos for the first time (of Megumi as a) grownup…we wept so much. …We had looked for her everywhere for the previous 20 years, and now she is in Pyongyang, and we felt so bad. I finally discovered her, and still we cannot save her, and we said sorry…I wept so much that we still could not help her.”

金正恩氏よ、横田さんご夫妻のメッセージをしっかりと受け止め、拉致問題を一刻も早く解決してくれ!


Yokotasan.jpg
posted by Kosuke at 18:38| Comment(0) | NK News