2014年02月27日

北朝鮮の実質No.2の崔竜海に何かあったのか?

timthumbchoe.jpg

北朝鮮の短距離弾道ミサイル「スカッド」の四発の発射をメディアは報じているが、それよりも僕が今、注目しているのは、張成沢(チャン・ソンテク)粛清後、北朝鮮の実質No.2になった崔竜海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長の最近の動向だ。彼に何かあったのではないか、との観測が世界の北朝鮮ウォッチャーの間で急速に高まっているからだ。27日に慶應大で開催された北朝鮮をめぐるセミナーで、共同通信の平井久志記者も崔竜海の最近の動向について触れられた。

今年に入り、金正恩第一書記の公式活動に崔竜海が同行する回数が急減している。黄炳瑞(ファン・ビョンソ)党組織指導部副部長、馬園春(マ・ウォンチュン)党副部長、李永吉(リ・ヨンギル)軍総参謀長に次いで、四番目の同行回数に落ち込んでいる。

崔竜海は金正恩体制下で重用され、ライジングスターのごとく急上昇してきた人物。しかし、今週2月25日に行われた朝鮮労働党第8回思想活動家大会でも姿を見せなかった。この場で金正恩氏は演説している。

僕が寄稿している北朝鮮ニュース専門サイトのNK Newsはすでに崔竜海の最近の表舞台からのno-showについて記事にしている。

What happened to Kim’s right-hand man? Kim confidant Choe Ryong Hae mostly a no-show so far this year

このNK Newsの記事にもあるように、崔竜海の姿が見えなくなったことが直ちに彼の粛清につながったと考えるのはまだ短絡的かもしれない。何か大きなプロジェクトを抱えていたり、単に病気にかかったりしているだけかもしれない。

ちなみに、崔竜海と李永吉と張正男(チャン・ジョンナム)人民武力部長の三人は、金正恩体制の人民軍「三羽ガラス」と呼ばれている。

このほかに、金秀吉(キム・スギル)軍総政治局組織副局長や徐ホンチャン人民武力第一副部長が、金正恩氏との同行回数が多い。

昨年12月の張成沢氏の処刑後は、張氏がかつて部長を務めて牛耳ってきた党行政部を中心に粛清が行われてきた。

もう少し事態の推移を見守る必要がありそうだ。
posted by Kosuke at 23:56| Comment(0) | 北朝鮮

2014年02月23日

ザ・ディプロマットに寄稿した安倍首相の国家戦略についての拙稿が海外勢によく読まれています

thediplomat_2014-02-13_07-41-17-386x261.jpg

The Diplomat に先日寄稿した安倍首相の国家戦略についての拙稿が海外勢にとてもよく読まれています。Facebookの「いいね」とtweetの合計がすでに1100を超えました。記事の下にあるコメント欄にも、きょう2月23日時点で114件ものコメントが寄せられています。

Shinzo Abe’s Nationalist Strategy

1月にNK Newsに書いた故金正日の元専属料理人、藤本健二さんへのインタビュー記事(Part 1Part 2)も反響が大きかったのですが、それを優に超えました。

これだけ読まれ、反響が多いことは、記者冥利に尽きます。ありがとうございます。^^


41bYCzIMGXL__SL500_AA300_.jpg


posted by Kosuke at 19:33| Comment(0) | ザ・ディプロマット

米国の対日本プルトニウム返還要求についてジェーンズに記事を書きました

pic_04_02.jpg


冷戦時代に米国が研究目的で日本に供与した高純度のプルトニウム239(兵器級)の331キロについて、米国と返還交渉をしていることを日本の外務省等が認めました。濃縮ウランは1990年代後半に既に米国に返還済み。ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーに記事を書きました。

Japan discusses return of US plutonium

Kosuke Takahashi, Tokyo - IHS Jane's Defence Weekly

19 February 2014

The Japanese Ministry of Foreign Affairs has confirmed that Japan is in talks with the United States over the return of 331 kg of weapons-grade plutonium supplied to Tokyo for research purposes during the Cold War era.

The negotiations are getting under way as the administration of US President Barack Obama aims to strengthen global nuclear security to reduce the danger of nuclear terrorism, a foreign ministry spokesman told IHS Jane's on 18 February.

"Japan itself is also placing importance on security of nuclear materials," said the spokesman. "To contribute to the strengthening of international nuclear security, we are co-operating with US efforts."

Client log in to read more

(103 of 529 words)