2012年09月16日

続・中国にいる従兄弟からのメール

メディアの報道とは別に、みなさん、中国現地の生情報が知りたいようですね。好評につき、また、上海にいる従兄弟からのメールを紹介します。後半、MSNに載っているJ-CASTニュースの中国報道を「捏造とも受け取れる」と言い、厳しく批判しております。従兄弟がFacebookをできれば、僕の友人たちにも簡単に内容を紹介できるのですが(例えば、shareやlikeをすることで)、中国では以下のようにFBは困難になっています。


9月15日早朝メール 件名:FBできません!近々加入予定!

未だVPNに加入していないので、Facebookは出来ない状態です。昨年2月に一時帰国した際にFacebook登録したのですが...近々VPNに加入予定です。

先日(上海で)購入したSONYの携帯XperiaにViberとLineをダウンロードするにも一苦労でした。
中国はGoogleと仲が悪いので...中国にいるとつまらない苦労が絶えません。

ところで、本日(もう朝方なので昨日)、上海中心部と郊外の接点にある「七宝」(自宅から地下鉄で2駅)の上島コーヒーで仕事関係者と打合せ後、階下の携帯ショップの入り口に、
「日本人と犬は入るな!」
と中国語で記載されているのを見ました。その隣の別の携帯ショップも同様の記載がありました。
少々雰囲気が変わってきたかな?と言う感じです。
柳条湖事件のあった18日には上海及び南京でも大規模なデモが予定されているようです。

17日〜21日/26日〜28日、日本からお客様が見えますが、相当気疲れしそうです。(笑い)


9月16日付メール 件名:記事の信用性に関する疑問!

MSNの記事ですが、大いに疑問です。「捏造」とも受け取れます。

http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=1386717

「日本人」と言うだけで、いきなり殴られることはあり得ないと思います。
だったら、日本語を話している日本人の被害が続出する筈です。外見上は日本人・韓国人・中国人(特に若い世代)の区別は非常に難しいと思います。
言葉の面からも、中国人にとって韓国語・日本語の聞き分けは難しいと思います。

日本人にいきなりラーメンをかけた事件が盛んに引合い出されていますが、日系人の間の噂さでは、「アゲハ」(チェーン店)という日本人御用達のチップ制カラオケ・クラブのボーイが日本人ラーメン店で食事をしていたら、日本人の鼻についた話し方と普段から日本人に偉そうにされている態度切れて、ラーメンをぶちかけたとか...(だったら、日本人ラーメン店で食事するなよ!と笑い話の類です。)

微博(中国版ツイッター)では1分間に数千のメッセージアップされているようです。少々雰囲気が変わってきたかな?という感じは受けますが2005年ほどではないと思います。

記事では、「2005年上海で多くの日本料理店が襲われて...」とありますが、実際には1件のみです。当時北京でも襲撃を受けたのは、東三環を挟んで日本領事館の向かいにある「月山」(中国人経営者、当方の友人)の1件のみでした。何か報道のスタンスに問題が有るような気がします。先ずは事実に即した客観性のある内容にて、プラスαで意見を付け加えるような姿勢が必要かと思います。

本日、上海郊外の松江区のとある場所に行きました。大学が非常に多い所ですが、その数500名以上のデモ隊に2度出くわしました。
皆一様に、「魚釣島は中国の領土だ!」とシュプレキコールを挙げて、行進していました。デモ行進の95%以上が、大学低学年若しくは高校を卒業したばかりの新入生と見立てました。デモは政府主導?若しくは共産党から息の係った大学トップの大学主導の結果?と疑ってしまいました。何れにしても、このようなやり方は、近い将来自らに跳ね返るのでは?と強く感じました。

バス停で当方の後方にいた20歳前後の女性二人は「魚釣島は日本のもの(钓鱼岛是他们的)」、と、また右隣の同年齢の女性二人も、一人が携帯で写真を撮ろうとすると、「止めときなさい!近づかない方がいいよ!」と言っていました。中国人の考え方に温度差があることを感じてある意味安心しました。


posted by Kosuke at 05:48| Comment(5) | 日中関係

石破氏、「魚釣島に船着き場を​設ける」と発言したが、大丈夫?

ishiba.jpg


石破茂氏、自民党総裁選関連のテレビ番組で「魚釣島に船着き場を​設ける」ことをしきりに訴えていたが、それを実施した時の中国の​反応と、日本の対抗策(countermeasures)をきち​んと考えているだろうか?

言ってみれば、尖閣国有化は、まだ紙の​上での登記移転の話。

魚釣島への新たな物理的な建造物となると、​間違いなく、中国の反発はこれまで以上に激しくなるだろう。

中国人民解放軍海軍と海上自衛隊の出動の可能性が一気に高まり、第二のキューバ危機並みに両国間の緊張が高まるかもしれない。

石破氏、本当に十​分に計算し、見通したうえで言っているのだろうか?非常に心配だ​。
posted by Kosuke at 05:29| Comment(6) | 国政