2012年09月11日

抑止力とは日本を抑え込む力のことなのか?

在日米軍が日本の再軍備を防ぎ、アジア地域の安定に貢献しているとの記事を読んだ。いわゆる「瓶の蓋」論だ。

尖閣諸島の国有化をめぐって、石原慎太郎氏といった日本国内の右側の人々の言動が勢いを増し、欧米の識者の間でも日本社会の右傾化を心配する声が出始めてきているよう。そして、それは、アメリカがアジアに軍事プレゼンスを維持しながら、うまく中国に接近するための一つの口実になってきている。

日本の政治家や外務省、防衛省が好きな「抑止力」という言葉が、この記事を読むと、日本を「抑止する力」と思えてしまうほど。

The cap-in-the-bottle theory again?

Clinton's strained swan song in China
By Peter Lee

"By forestalling a nuclear-tinged regional arms race and keeping the Japan Self-Defense Forces preoccupied with self-defense instead of power projection, the United States delivers a real and significant security and economic benefit to China, and to East Asia in general."
(アジア地域での核の軍拡競争を未然に防ぎ、日本の自衛隊を戦力展開させずに専守防衛にだけ没頭させる点で、アメリカは中国や東アジア地域に軍事的にも経済的にも多大なメリットをもたらし、貢献をしている。)

この記事のコメント欄にも
"The American military presence in East Asia has been of great value to China, not only in keeping Japan on a leash, but also in stabilizing the Koreas."
(アメリカの東アジアでの軍事プレゼンスは、中国にとって、非常に意義のあるものだ。それは日本を鎖に縛っているだけでなく、南北朝鮮をも安定させている。)

単純に、従前からの在日米軍の"抑止力"を唱え、「日米同盟、断固堅持!」を叫んでいる輩にはショックな見方であろう。国際政治の現実はそんなに甘いもんじゃない。笑顔で握手し、心の内でしたたかに戦略を考えていなくてはいけない。あの中国とインドでさえ、軍事合同訓練を再開させたばかりだ。対米追随一辺倒で、日本にはまだまだ、そうしたしたたかさが足りない。
posted by Kosuke at 01:23| Comment(7) | 在日米軍